ホームパーティー好きの約半数が【プレミアムフライデー】を認知!やってみたいことベスト3とは!?

〜日本ホームーパーティー協会調べ/「プレミアムフライデー」に関する実態調査〜

friday

日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org/)は、一般社団法人日本ピクニックパーティー協会(http://ppaj.org/)と共同で、プレミアムフライデーに関するアンケート調査を、20歳以上のホームパーティーに関心のある男女へ行いました。その結果をご報告いたします。



■ホームパーティー好きの中でプレミアムフライデーを知っている人は、ほぼ半数
puremiamu01

Q.「プレミアムフライデー※」を知っていますか(必須)
ホームパーティー好きな人に聞いたところ、「知っている」と回答したのは52.5%となり、ほぼ半数の人がこの新しい活動を認知している模様です。
※2017年2月24日(金)から開催される、毎月末金曜日に仕事を早く終えて消費を喚起しようという活動。米国の年末商戦「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」を参考に、経産省と業界団体が考案。



■プレミアムフライデーに自宅でやってみたいことベスト3は「ゆっくり食事」「家族との団欒」「友人を呼ぶ」
puremiamu03

Q.「プレミアムフライデー」に帰宅するなら何をしたいと思いますか?(複数回答可:必須)
最も多かったのは「ゆっくり食事をしたい」(65%)。次いで「家族との時間を増やしたい」(40%)、「友人を呼びたい」(35%)など、ホームパーティーと親和性の高い回答が得られました。



■プレミアムフライデーにホームパーティーをしたい人は約68%
puremiamu04

Q.「プレミアムフライデー」にホームパーティーをしてみたいと思いますか?(必須)
ホームパーティー好きな人に聞いたところ、プレミアムフライデーにホームパーティーをしてみたい人は67.5%という結果になりました。



■プレミアムフライデーに外出してやってみたいことベスト3は「映画館や展覧会」「旅行」「飲みに行きたい」 puremiamu02

Q.「プレミアムフライデー」に外出するなら何をしたいと思いますか?(複数回答可:必須)
最も多かったのは「映画館、展覧会を観に行きたい」(47.5%)。次いで「週末にかけて旅行」(45%)、「飲みに行きたい」(40%)となりました。
その他意見として「スポーツをしたい」「習い事をしたい」という回答もありました。


■プレミアムフライデーにホームパーティーを開くメリットは「翌日も休み」「開催日を確定できる」「子連れで参加できる」
Q.「プレミアムフライデー」にホームパーティーを開くメリットは何だと思いますか?(複数回答可:必須)
最も多かったのは「翌日も休みなので気が楽」(70%)。次いで「毎月末金曜日なので、開催日を確定できる」(50%)といった回答がありました。
その他意見として「子供も参加しやすい時間なので子連れで参加できる」「パーティーの準備日として活用できる」という回答もありました。



■今回のプレミアムフライデーに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティー研究家 高橋ひでつうの見解
「何かと話題の多い“プレミアムフライデー”ですが、ホームパーティーの普及にとっては確実に追い風となると思います。土日では気を使ってしまい呼びづらい会社の同僚など、毎月末金曜日がプレミアムフライデーとなることで、ホームパーティーに比較的呼びやすい風潮となると思います。」


【調査概要】
調査期間:2017年1月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:20歳以上のホームパーティーに関心のある男女から得られた有効回答、400名

一般社団法人日本ホームパーティー協会は、「ホームパーティー」に関する様々なアンケート調査を定期的に実施し、メディアや企業に提供しています。
詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

NEWhpaj_jp
●現在、一般社団法人日本ホームパーティー協会では、趣旨に賛同し協賛及びコラボレーションして頂ける企業を募集しています。詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

●個人ブログや、キュレーションメディア、バイラルメディアの方へ
当リリースの引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会」http://hpaj.org/を必ず表記とリンクをよろしくお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当リリースの引用、転載に関しては事前に必ずご連絡ください。また、協会代表高橋ひでつうのコメント、インタビュー、出演なども可能ですので、ご興味おありでしたらご一報ください。
※当リリースの画像はそのまま各メディアで利用可能です(加工禁止、クレジット表記有画像もそのままクレジット入りでお願いいたします)。
※当リリースやアンケートに記載された商標及び商品名、サービス名は、当協会とは一切関係がございません。