パーティーファッションの新ムーブメントに「イースター」!? パーティーで成功&失敗したファッションとは?

〜日本ホームーパーティー協会調べ/「パーティーファッション」に関する実態調査〜

fashiongirl

日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(https://hpaj.org/)は、一般社団法人日本ピクニックパーティー協会(http://ppaj.org/)と共同で、パーティーファッションに関するアンケート調査を、18歳以上のホームパーティーに関心のある男女へ行いました。その結果をご報告いたします。


■パーティーファッションの定番は「ハロウィン」&「クリスマス」! 今後は「イースター」にも人気が!?
fasion01

Q.定番又は今後流行ると思うパーティーファッションは何だと思いますか?(複数回答可:必須)
定番のパーティーファッションとして「ハロウィンで魔女コスチューム」と「クリスマスでサンタコスチューム」に多くの回答が集まりました。次いで「イースターでウサギコスチューム」、その他には「節分で鬼コスチューム」「七夕で織姫彦星コスチューム」といった意見もありました。


■好評だったパーティーファッションは「テーマ性」&「意外性」!失敗したのは「過度な露出」!?
Q.今までに成功した(褒められた、注目された、ウケた等)パーティーファッションを教えてください(フリー回答)
Q.今までに失敗した(着こなし、空気に合わない、ドン引きされた等)パーティーファッションを教えてください(フリー回答)
パーティーファッションの成功例として、「テーブルコーディネートのテーマカラーを取り入れた」、「クリスマスホームパーティーホスト時に、来客側はサンタコスが多いのを見越して、ホスト側はツリーや靴下、プレゼントなど脇役コスで統一」といったテーマ性に寄せたてうまくいったケースが多く寄せられました。
反対に失敗したパーティーファッションのエピソードとして、「露出が多いサンタコスで引かれた」、「ガーデンパーティー時にノースリーブで寒すぎた」といった声が寄せられ、露出ファッションで失敗をした経験者が多い模様です。


■今回のパーティーファッションに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティー研究家 高橋ひでつうの見解
「ホームパーティーの悩みどころの1つがファションでもあります。もちろん、カジュアルに好きなファッションで参加できるのがホームパーティーの魅力でもありますが、ワンポイントで良いのでドレスコード(例/蝶ネクタイを着ける、テーマカラーを設けファッションに入れるなど)を設定するのも、非日常感が出ておすすめです。そして、今後注目すべきはイースターではないでしょうか。特にピンクのウサギの自撮りは、海外のファッショニスタSNS上で数多く見受けられますので、日本でも受け入れられそうな機会がありそうです。」


【調査概要】
調査期間:2017年1月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:18歳以上のホームパーティーに関心のある男女から得られた有効回答、400名

一般社団法人日本ホームパーティー協会は、「ホームパーティー」に関する様々なアンケート調査を定期的に実施し、メディアや企業に提供しています。
詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

NEWhpaj_jp

●現在、一般社団法人日本ホームパーティー協会では、趣旨に賛同し協賛及びコラボレーションして頂ける企業を募集しています。詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

●個人ブログや、キュレーションメディア、バイラルメディアの方へ
当リリースの引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会」https://hpaj.org/を必ず表記とリンクをよろしくお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当リリースの引用、転載に関しては事前に必ずご連絡ください。また、協会代表高橋ひでつうのコメント、インタビュー、出演なども可能ですので、ご興味おありでしたらご一報ください。
※当リリースの画像はそのまま各メディアで利用可能です(加工禁止、クレジット表記有画像もそのままクレジット入りでお願いいたします)。
※当リリースやアンケートに記載された商標及び商品名、サービス名は、当協会とは一切関係がございません。