ホームパーティーの鍋は、料理の手間を短縮!ヘルシー志向!反面人数が限られる側面も

〜日本ホームーパーティー協会調べ/「ホームパーティーで鍋を出すメリット&デメリットは?」実態調査〜

鍋のイメージ

日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org/)は、一般社団法人日本ピクニックパーティー協会(http://ppaj.org/)と共同で、「ホームパーティーで鍋を出すメリット&デメリットは?」のアンケート調査を、20歳以上のホームパーティーに関心のある男女へ行いました。その結果をご報告いたします。

■ホームパーティーに鍋を入れるメリットは「楽」「ヘルシー」「ゆったり感」の3拍子

「ホームパーティーで鍋を出すメリット&デメリットは?」実態調査結果1

Q.ホームパーティーで「鍋」を出すメリットは何だと思いますか?(複数回答可:必須)
ホームパーティー好きな人に聞いたところ、「料理の手間が省ける」と「野菜などヘルシーな食事ができる」が61.7%と同率で高い意見を頂きました。次いで「参加者全員がゆっくり話をできる」が56.7%となりました。
その他は、「ひとつの鍋を皆で食べる一体感」(53.3%)、「食材を使うだけで季節の味が楽しめる」(41.7%)、「食べ応えがあり満足感が高い」(33.3%)と、一体感や気軽さ、満足感を挙げる声もありました。

■鍋のデメリットは「人数」「遅れた参加者への配慮」「臭い」の3強

「ホームパーティーで鍋を出すメリット&デメリットは?」実態調査結果2

Q.ホームパーティーで「鍋」を出すデメリットは何だと思いますか?(複数回答可:必須)
反対に、デメリットを聞いたところ、56.7%と半数以上の人が「一つの鍋だと人数が限られる」と回答。2位に「遅れた参加者の分を確保するのが難しい」(31.7%)、3位に「部屋に臭いがこりやすい」(30%)との結果になりました。
その他意見では「潔癖性の人が嫌がる」(23.3%)、「立食形式にするのが難しい」(18.3%)の意見も。


■今回のアンケートについて、当協会代表ホームパーティー&ピクニック研究家/高橋ひでつうの見解
「鍋を囲んでのコミュニケーションは、まさにホームパーティーにピッタリですね。一つの例として挙げると、各人が一品づつ食材や料理も持ち寄って集まる“ポットラックスタイルホームパーティー”が流行っているように、鍋の具材を皆さんで持ち寄るのも良いです。チーズ、トマトなどのスープで鍋を作るとホームパーティーらしさがアップ。また、人数が限られてしまう場合には、大きな鍋ではなく小鍋を用意し、味違いで楽しむなど、バリエーションに変化を。また、火鍋などでも使用されている仕切り鍋を使うのも手です。」


【調査概要】
調査期間:2016年10月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:20歳以上のホームパーティーに関心のある男女から得られた有効回答、600名


一般社団法人日本ホームパーティー協会は、「ホームパーティー」に関する様々なアンケート調査を定期的に実施し、メディアや企業に提供しています。
詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。
※当リリースやアンケートに記載された商標及び商品名、サービス名は、当協会とは一切関係がございません。

hpajロゴ

●個人ブログや、キュレーションメディア、バイラルメディアの方へ
当リリースの引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会」http://hpaj.orgを必ず表記とリンクをよろしくお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど紙媒体、電波媒体、広告媒体の方へ
当リリースの引用、転載に関しては事前にご連絡ください。また、さらに詳細なデータや、コメント、インタビューなども可能ですので、ご興味おありでしたらご一報ください。