ホームパーティー好きな人が考えるピザを取り入れる【メリット&デメリット】

~日本ホームーパーティー協会調べ/「2016年 ピザをホームパーティーに取り入れるメリット&デメリットに関するアンケート」実態調査~

main
日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org)は、一般社団法人日本ピクニックパーティー協会(http://ppaj.org)と共同で、「2016年 ピザをホームパーティーに取り入れるメリット&デメリットに関するアンケート」調査を、20歳以上のホームパーティーに関心のある男女へ行いました。その結果をご報告いたします。



■ピザを取り入れるメリットは「大人数で食べられる」「片手で食べられる」「気軽にデリバリーができる」など
sub2
Q.ホームパーティーに「ピザ」を取り入れるメリットは何ですか?(複数回答可:必須)
ホームパーティー好きな人に聞いたところ、1番のメリットは「大人数で食べられる」(79.6%)。次いで2位が「片手で食べられる(フィンガーフード)」(59.3%)、3位に「気軽にデリバリーできる」(51.9%)という結果に。以下に「様々な味や生地を楽しめる」(46.3%)、「人数が多ければ費用が安い」(35.2%)、「ピザ好きな人が多いから」(31.5%)と続いています。その他には「ビールに合う」「ガッツリとボリュームのある料理なのでもう一品の時に重宝する」という意見も寄せられました。



■ピザを取り入れるデメリットは「冷めてしまうと不味くなる」「ジャンクなイメージ」「ピザだけだと飽きてします」
sub3
Q.ホームパーティーに「ピザ」を取り入れるデメリットは何ですか?(複数回答可:必須) ホームパーティー好きな人に聞いたところ、1番のデメリットは「冷めてしまうと不味くなる」(77.8%)。次いで2位が「ジャンクなイメージでヘルシーではない」(37%)、3位に「ピザだけだと飽きてしまう」(33.3%)という結果に。以下に「人数が少ないと費用が高くなる」(18.5%)、「味が濃いので喉が乾く」(13%)という回答がありました。



■今回のアンケートについて、当協会代表ホームパーティー&ピクニック研究家/高橋ひでつうの見解
「すっかりとホームパーティーフードとして定着したピザ。ピザパーティースタイルがあるように、気軽に調達できるので、人気があるのもうなづけます。近年では、屋外でもデリバリー可能なサービスもあるので、利用する人も増加傾向です。ピザのデメリットでもある、冷めるとおいしくない問題点の打開策としては、パーティーの前半と後半で時間差で注文するのがよろしいかと。外資系スーパーなどで買ってきた大型のピザを、自宅で生地から作ってピザを焼く人も多い傾向です。テリヤキ系といった日本独自のピザや、食材を試してみるのも面白いです。石窯で焼くピザもグランピング人気の影響で流行っています。」


【調査概要】
調査期間:2016年10月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:20歳以上のホームパーティーに関心のある男女から得られた有効回答、540名


一般社団法人日本ホームパーティー協会は、「ホームパーティー」に関する様々なアンケート調査を定期的に実施し、メディアや企業に提供しています。 詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

sub1
●現在、一般社団法人日本ホームパーティー協会では、趣旨に賛同し協賛及びコラボレーションして頂ける企業を募集しています。詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

●個人ブログや、キュレーションメディア、バイラルメディアの方へ
当リリースの引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会」http://hpaj.org/を必ず表記とリンクをよろしくお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当リリースの引用、転載に関しては事前に必ずご連絡ください。また、協会代表高橋ひでつうのコメント、インタビュー、出演なども可能ですので、ご興味おありでしたらご一報ください。
※当リリースの画像はそのまま各メディアで利用可能です(加工禁止、クレジット表記有画像もそのままクレジット入りでお願いいたします)。
※当リリースやアンケートに記載された商標及び商品名、サービス名は、当協会とは一切関係がございません。