原宿のギャザリング専用スペースStar Gathering House(スターギャザリングハウス)で田中知之(FPM)がホストを務めるイベント開催

〜一般社団法人日本ホームパーティー協会とAfro&Coのコラボスペースのオープニングとして〜

2016年8月26日(金)、原宿のギャザリング専用スペースStar Gathering House(スターギャザリングハウス)において、DJ・プロデューサー、田中知之(FPM)さんをホストを務める、上記スペースのグランドオープンを飾るオープニングイベントが行われました。主催は、日本でのホームパーティーカルチャーの普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org)と、ホームパーティー協会公式アンバサダーでもあり、泡にまみれて踊る音楽イベント「泡パ」や、街中を巨大スライダーで滑る「スライドザシティ」など、話題の体験型コンテンツを仕掛けるパーティークリエイター 「アフロマンス」率いるAfro&Co.(代表:アフロマンス)によるものです。

SGtanaka01
当日は、アナログ盤レコードを持参頂き、ホームパーティーにピッタリな音楽を聴きながら、田中氏自身のこれまでのキャリアを振り返ったトークショー、世界を飛びまわり体験した貴重なエピソードなどで会場を盛り上げました。

SGtanaka02
さらには、グルメとしても知られる田中さん自身がこれまで足を運んだ、数多くの場所から厳選した、こだわりのソウルフードをゲストに振る舞いました。ひとつめは、田中さんはじめ、音楽業界の食通の間で話題となっている、京都の老舗中華店「中華のサカイ本店」の冷麺。

SGtanaka03
さらに、田中さんが、気に入っているという、大阪・堺の「やまつ辻田」の極上七味を焼き鳥で。

スパークリングな口当たりが、まるでシャンパンのような韓国の「ボクスンドガ(福順都家)」のソンマッコリをゲストに振る舞うなど、田中さんならではのホームパーティーの新たな形式「ギャザリング」を象徴するパフォーマンスを見せていただきました。

SGtanaka04
「Star Gathering House」のオープニングイベントは全6回が予定されており、今後も様々なホストによる「ギャザリング」パーティーを開催してまいります。

※いずれも、完全招待制のホームパーティーとなりますので、一般の方々の参加応募は受け付けておりません。各メディアの取材については、下記、Star Gathering Houseの公式サイトのメールフォームよりお問い合わせください。
また「Star Gathering House」は、イベント時を除いた日程でレンタルスペースとして利用することが可能です。

【Star Gathering Houseとは】

仲間うちで食事を持ち寄り、気軽に集まって語り合う「ギャザリング」スタイル。近年、注目を集めているギャザリングですが、ホームパーティーのように自分の家でやりたくても、立地や手間の面がハードルになることも多い。その点に着目し、アクセスのよい原宿に、日本初のギャザリング専用スペースとしてオープンするのが「Star Gathering House」です。

コンセプトとしては、名前の通り、夢を表現した数々の「星」がモチーフとして展開され、仲間たちと集まり、夢を語れるような、一歩上の「大人のギャザリング」をお楽しみいただくことができます。

【Star Gathering House 施設概要】

gath02
施設名:Star Gathering House
営業日:2016年8月19日(金)〜 年中無休
広さ:72.15㎡(22.43坪)
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE 1F
JR山手線「原宿」駅徒歩9分
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅徒歩6分
収容人数:40名※収容人数はご利用レイアウトによって異なります
※パーティーやイベントほか、スチールやムービー等の撮影にもご利用いただけます
設備:Wi-Fi、大型テレビモニター、カウンターキッチン、冷凍冷蔵庫、調理器具一式など
運営元:一般社団法人 日本ホームパーティー協会/Afro&Co. Inc.
協賛:日本たばこ産業株式会社
※ご利用は20歳以上となります。ご了承ください。

料金、時間などの詳細は、公式サイトでご確認ください。
http://stargath.com

●個人ブログや、キュレーションメディア、バイラルメディアの方へ
当リリースの文章や写真の引用転載は事前許可などは必要ございませんが
引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会」http://hpaj.orgを併記してください。

●雑誌、新聞、テレビなど紙媒体、電波媒体、広告媒体の方へ
当リリースの引用、転載に関しては事前にご連絡ください。
また、さらに詳細なデータや、コメント、インタビューなども可能ですので、ご興味おありでしたらご一報ください。