昨年より18%アップ!ホームパーティー好きな人の69%が【グランピング】を体験してみたいと回答!

〜日本ホームーパーティー協会調べ/「2017年グランピング」に関する実態調査〜

gura
日本でのホームパーティーカルチャー普及を目的として、ホームパーティー検定などを行う一般社団法人日本ホームパーティー協会(http://hpaj.org/)は、一般社団法人日本ピクニックパーティー協会(http://ppaj.org/)と共同で、2017年グランピングに関するアンケート調査を、ホームパーティー好きな18歳以上の男女へ行いました。その結果をご報告いたします。



■69%のホームパーティー好きが、グランピング体験を希望
guranping02
guranping2016_1
Q.「グランピング」とはグラマラス・キャンピング(豪華なキャンピング)のことで、自然の中に風呂やトイレ、ソファ、ベッドなどの快適な宿泊設備を用意して、優雅に自然を楽しむスタイルのレジャーです。そんなグランピングを体験してみたいと思いますか?
ホームパーティー好きな人へ聞いたところ、「ぜひ体験してみたい」と回答したのは69%に上りました。昨年に同アンケートを実施した際には51%だったことに対し、18%アップしています。グランピングに興味ある方が多い傾向かと思います。



■グランピングでやってみたいアクティビティ、「星を見る」の人気が上昇
guranping03
guranping2016_2
Q.「グランピング」でやってみたいアクティビティはなんですか?
ホームパーティー好きな人へ聞いたところ、グランピングでやってみたいアクティビティは「星を見る」(83.9%)、「釣り」(54%)、「トレッキング(山歩き)」(54%)、「バーベキュー」(48.3%)に多くの回答が集まりました。 その他には「昼寝」「川遊び」「キャンプファイア」「ラフティング」「山菜採り」「昆虫採集」などの意見がありました。
昨年に同アンケートを実施した際には、「星を見る」(76.5%)だったのに対し、今年は7.4%も星を見たい人がアップしています。



■今回の2017年グランピングに関するアンケートについて、当協会代表/ホームパーティー&ビクニック研究家 高橋ひでつうの見解
「“グランピング”の言葉もだいぶ浸透してきた昨今ですが、まだまだ高級なイメージがあるようです。そういった背景もあってか、都市型グランピングを提供する店舗も増加。店内にグランピングテントを張り、街中でもグランピング気分を体感できるアプローチです。高級SUV車や車中泊を可能にするキャンピングカーなどの売れ行きが好調なのも、荷物が多くなりがちなグランピングには適しており追い風にも。今後は、グランピングに憧れるカジュアル層をどう取り込むのかが課題かと思います。」



【調査概要】
調査期間:2017年4月
調査方法:各種ソーシャルメディアを活用/選択式、自由回答式
調査対象:18歳以上の男女から得られた有効回答、870名

一般社団法人日本ホームパーティー協会は、「ホームパーティー」に関する様々なアンケート調査を定期的に実施し、メディアや企業に提供しています。
詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

NEWhpaj_jp
●現在、一般社団法人日本ホームパーティー協会では、趣旨に賛同し協賛及びコラボレーションして頂ける企業を募集しています。詳細は、一般社団法人日本ホームパーティー協会のホームページで、今後も随時発表してまいります。

●個人ブログや、キュレーションメディア、バイラルメディアの方へ
当リリースの引用転載は事前許可などは必要ございませんが、引用元として「一般社団法人日本ホームパーティー協会」http://hpaj.org/を必ず表記とリンクをよろしくお願いいたします。

●雑誌、新聞、テレビなど電波媒体、紙媒体、広告媒体、企業のマーケティング担当の方へ
当リリースの引用、転載に関しては事前に必ずご連絡ください。また、協会代表高橋ひでつうのコメント、インタビュー、出演なども可能ですので、ご興味おありでしたらご一報ください。
※当リリースの画像はそのまま各メディアで利用可能です(加工禁止、クレジット表記有画像もそのままクレジット入りでお願いいたします)。
※当リリースやアンケートに記載された商標及び商品名、サービス名は、当協会とは一切関係がございません。